乙組ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

方向

少女

もっとアニメ調の方がいいかなぁ・・・とか映像的な方がいいかなぁ・・・とか、でもやっぱり絵画っぽい雰囲気がいいかなぁ・・・と自分の目指す絵がよくわからなくなって最近あんまり絵を描いてなかったけど、わからなくてもやっぱり手を止めるのはよくないと思いとりあえず女の子をラクガキ。

まぁ、少なくともポップで明るい感じの絵にはあんまり向いてない事だけは確か。
スポンサーサイト

テーマ:絵・イラスト - ジャンル:日記

  1. 2010/07/31(土) 22:08:29|
  2. ツン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MTGの臭いがプンプンするぜェーッ!

pixivなどでよく広告が出ている「ハイパーアングルポーズ集」を買いました。

他のポーズ写真集にはあまり見られなかった、ガラスの床を用いた超ローアングルや、上からのアングル。パースのついたものが多く、中々日常では見ることのできない面白い写真が多いです。人体の資料として一見の価値はあるかと思います。モノクロですがグレートーンも綺麗で人体の形も見やすいです。

同じポーズの別アングルなどがあれば尚よかったのですが、宣伝文句に偽りはないなという感じでなかなかの本だと思います。

構造を知るためなので写真がモノクロでも個人的には全然構いませんし、男性バージョンも是非出して欲しいところです。出来れば筋肉のクッキリした人で。

ちなみにこの本の匂いが、マジック・ザ・ギャザリングのパックを開けた時の匂いに似ている気がします。インクの匂いなんでしょうが。

なかなか好きな匂いなんですが、裸のお姉さんの写真満載の本をクンカクンカしている様はとても危ないw誰かに見られても言い訳しずらいので自重することにしますw

テーマ:この本買いました - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/07/30(金) 01:22:20|
  2. ツン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本の反対側にいた天才

コフィン・ジョーを知っていますか?僕は今日知りました。
ブラジルの映画監督であり本人監督、主演で登場する映画のキャラでもあります。
ただ、ジョゼ・モジカ・マリンスが本名のようなので、映画キャラの名前のまま監督名にクレジットを入れているというのが正しいのかな。

カルト中心のレンタルビデオ店がありまして、そこにて一本英語字幕のビデオを発見したので借りて見たのですが、これがもう自分の中でスマッシュヒット!
ちなみにそんなに英語はそれほど出来る方ではないんですが、セリフなんてあんまり関係ない映画でした。

日本の反対側ではこんな素晴らしい作品が存在したのか!!と衝撃を受けましたよもう!!!!!

店のPOPにあった「ブニュエルやホドロスキーファン必見」の文句に惹かれて借りましたが、個人的にはこの二人の作品よりも好きです。
なんたって同じサイケデリックでグロテスクな世界観なのに、これは前述の二人と比べて高尚さがビックリするくらい感じられない!!

邦題だって
「コフィン・ジョーの狂った心で夢を見てるんだよ!!!」
ですからね。

素晴らしいくらいセンスがない!

自分が見たのはまだこの一本のみですが、結構何本も作られていて、それぞれ邦題が
「コフィン・ジョーのおまえの魂、いただくぜ!!!」
「コフィン・ジョーのおまえの死体も乗っ取るぜ!!!」
「コフィン・ジョーのジョーの世界はちょっと凄いぜ!!!」
「コフィン・ジョーの獣が目を覚ましちまうぜ!!!」
「コフィン・ジョーの人間終ってるぜ!!!」

なんか勢いだけは凄いwww

ストーリーは謎の魔術師に彼女を奪われる悪夢を見続け、精神病院に入れられた男を治療する話とその男の悪夢が中心。

中川信夫の「地獄」もびっくりな地獄絵図と、肉体がグロテスクにうごめく映像が延々と続く。とにかく絶叫がずっと鳴り響いている映画でした。

え、どうしよう・・・DVDBOX出てるんだ・・・でもちょっと買う予算がない・・・けどこれは欲しい・・・全作見たい!

ちょっとオフィシャルサイトのリンク貼っておこう。全然言葉わからないけど!!

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/07/29(木) 00:56:05|
  2. ツン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下地

絵を描くとき下地って気にしてますか?水彩でも油彩でも下地の考えって結構重要です。ここでは油絵を念頭に話を進めますが。

と言っても、下地についてはこことかで詳しく紹介されているので、今更自分が語ってもしょうがないかなと思っているんで、気になる方はリンクを参照してください(笑)下地についての知識がつくと絵の幅がかなり広がりますよ。

とりあえず大雑把に分類しますと

・吸収性
・半吸収性
・非吸収性

の三種類の下地があるわけですが、ようするに絵具を吸い込むか吸い込まないかの差があるわけです。

油絵具は何日も何日も乾かないというイメージがありますが、吸収性の下地を使うと完全乾燥はともかく、手で触ってもつかない程度でしたら一日で乾きますし、透明なトロトロの油絵具を薄く薄く重ねていく事が容易にできるようになります。

油彩はゴッホの絵みたいにモリモリしているのがアイデンティティに思われがちですけど、それは油彩の歴史的には案外最近のことで、古典は水彩に近い緩い絵具をもっと利用しています。

現在市販されているキャンバスは基本的に非吸収性に含まれます。

アクリルジェッソは一応半吸収性になるんですが、自作したエマルジョン塗料の下地と比べると油の吸収性が弱い気がします。モデリングペーストを使えば多少吸いますが。

そんなわけで、結局吸収性の高い油彩用の下地塗料を用意しようとすると、自分で作る事になるんですがこれがまた結構面倒なんですよ・・・

・・・と思っていたんですが、最近Twitterにてフォロワーさんのツイートでミュー・グラウンドという下地塗料の存在を知りました。

今までのものと違い、テンペラや白亜地を利用する古典技法などを容易に行えるようにと開発された吸収性の高い下地塗料だそうです!

まだ試していないのですが、うたい文句が本当ならばもういちいち何時間もかけて塗料を作る必要がなくなるかもしれません。

手軽に準備ができるようになるのだとすればこれは素晴らしい商品ですよね!購入したので、近いうちに試したいと思います。

テーマ:美術 - ジャンル:日記

  1. 2010/07/28(水) 00:10:52|
  2. ツン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いざ横浜へ

かもい

横浜のそごう美術館で行われている鴨居玲展に行ってきました。

展覧会の詳細はここで↓
http://www2.sogo-gogo.com/common/museum/archives/10/0717_kamoi/index.html

とにかく昔から大ファンなんです。鬱々としながらもどことなくユーモモラスさもあるこの複雑な感情が渦巻いている独特な世界は、誰もが持っている人の弱さから目を背けずに作品を作り続けた結果なんだなと思います。

あとこの人に限らず絵画作品はやっぱり実物が一番です。絵具や支持体の物質の強さが絵画の魅力の大きな要素なので、印刷ではどうしてもそれが表現できないので気になる作品は絶対に見に行くべきだと思います。

この鴨居玲展に関しては、平日ということもありますがかなり空いていました。休日の昼間だろうと、さすがに上野のような混みかたは絶対にありえないのでかなりゆっくり鑑賞することができると思います。特に彼のような絵の場合、落ち着いた静かな場所でじっくりと楽しみたいですよね。というより、上野のあの環境が美術を鑑賞する上で異常であると思いたいのですが・・・

ともかく一見の価値はあるかと思います!作品数も80点程度と特に多いわけではないですが、前述の通り空いているので一点一点じっくり心行くまで堪能できるのでかなり濃密な時間を過ごせるのではないかと思います。

満足満足。

テーマ:美術 - ジャンル:日記

  1. 2010/07/26(月) 21:50:58|
  2. ツン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ディカプリオってまだ35歳なんだよね。

それ以上の貫禄があるよね(笑)

そんなわけで「インセプション」見てきました。

わけのわからない難解な映画なんじゃないか?との噂もありましたが、そんなこともなく立派な娯楽対策に仕上がっていたので、そこで躊躇している人は安心して見に行って良いかと思います。

確かに展開は入り組んでいて複雑なところもあり、気を抜いていると置いてかれそうなところはありますが、夢に入り込む、そして夢でできる事についての設定が結構シンプルでしっかりしているので、そこをちゃんと押さえていれば問題ないと思います。

派手だし緊張感があって面白い。

ディカプリオも渡辺謙もとてもいい。

あとディカプリオは今の渋い顔の方がカッコいいと思っているんだけど、自分の周囲の人(特に女性)はやはりタイタニックあたりが全盛期で、今は全然綺麗じゃないからイヤ!という人が多くてちょっと残念です。世間的にはどうなんだかは知りませんが自分の周りでは低評価・・・

僕の中で彼は「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」あたりから素敵だなと思うようになったんですけどね・・・

ただ、彼のデビュー作である「クリッター3」を見ると、確かに子供時代は美少年だった。それがあんな眉間にシワ寄せて不精ヒゲはやして煙草くゆらせてるのが似合うような大人になるのかと思うと、たしかに驚きはするけどさ。でもただの二枚目俳優で終わりたくなんてなかっただろうし、いい歳の重ね方していると思うよ。

今こそディカプリオは輝いているんだ!!と強く言いたい。

テーマ:映画 - ジャンル:映画

  1. 2010/07/26(月) 00:50:27|
  2. ツン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WORKING!!

8巻出ましたね!あとなんかファンブックまで出ましたね。もちろん両方とも買いましたとも。

相変わらずキャラクターが活き活きしていて大好きですよ。ちなみにお気に入りキャラは佐藤さん。胃をお大事に…

ファンブックのキャラクター紹介とかは別にどうでもいいと思ってしまったが、ファンブックにそれがないってもおかしな話だろうし、しょうがないですよね。

でも描き下ろしの4コマもあり、カラーページも多いしアニメの設定資料が結構なボリュームなので、サイズは単行本と同じだけど800円なら全然お買い得。正直買うかどうか悩みましたが、予想以上の充実っぷりで買って大正解でした!

WORKING!!は是非アニメも二期を作ってほしいな…

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/07/25(日) 00:34:53|
  2. ツン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ザ・ギニーピッグ

また放置してしまった・・・これからはもっと絵だけでなく雑談的なことも書いていこうかな。

そんなわけで「ギニーピッグ マンホールの中の人魚」を鑑賞。高円寺のレンタルビデオショップで見つけました。

奥さんに逃げられた画家が、マンホールの中で人魚を見つける。
その人魚を描く画家だが、人魚の体は怪我をしていることに気づく。
早速バスタブを買い、人魚を家に連れ込み看病しながらなお人魚を描き続けるが、怪我は良くなるどころかどんどん化膿していき、醜くなってゆく・・・
人魚はそれでも画家に自分の姿を写し取れと命じ、画家は取り付かれたようにその体中に膿みが広がる人魚を描き続ける・・・といった内容。

ググると画像も結構出てくるので興味があればどうぞ。ただ作り物っぽいとは言え、かなりグロテスクなので苦手な方は注意。

でも、グロだけでなくやるせなくなるような物語がとても魅力的です。尺も60分なので淡々としつつもだれないでスパッと終わるのも好感が持てます。

すんごい見てよかった!!

テーマ:映画 - ジャンル:映画

  1. 2010/07/24(土) 00:26:25|
  2. ツン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。